桜

大津高等学校の家庭科学科は、<被服>、<食物>、<保育>の3つの分野をバランスよく学習し、専門的な知識や技術を習得し、将来その分野で活躍する人を育てます。

授業は、たくさんの実習があります。また、3年生の「課題研究」では、3年間学習したことの総まとめとして、<被服>、<食物>、<保育>の3つの分野から興味関心や進路希望に応じて1つ選択し課題を設定して、1年間を通して探求活動を行います。

また、課外活動として、「家庭クラブ」(SMILEクラブ)の活動も盛んです。

中町商店街ファッションショー

10月23日(土)に大津市の中町商店街で3年生家庭科学科によるファッションショーを行いました。学園祭のファッションショーで着用した衣装や、課題研究で製作した衣装を身にまとい、多くの方々に見ていただくことができました。学園祭のファッションショーでは保護者の方に直接見ていただくことができなかったため、生徒自身も楽しみにしていたようです。

また、学校家庭クラブによるシュシュ販売も行いました。生徒が作ったシュシュは様々なデザインがあり、多くの方に手に取っていただきました。

平野幼稚園実習

6月22日(火)と6月24日(木) の2日間、 家庭科学科3年の課題研究で「保育」分野を選択した生徒たちが、平野幼稚園(1回目)に実習に行きました。昨年は、新型コロナの関係で、2年生の時に一度も保育実習に行けなかったので、高校入学後、初めての実習になりました。そのため、初めは緊張している生徒もたくさんいましたが、子どもたちに出会うとすぐに笑顔になり、充実した時間を過ごすことができました。2日ともとてもお天気が良く、外で子どもたちと遊びました。泥んこ遊び、逃走中ごっこ、せっけんを泡立てて、おままごとなど手先を使った遊びなどを体験できました。年長組の子どもたちは砂場で、山や川を作り、びしょ濡れ、どろんこになって遊んでいました。

また実習の最後には園長先生と一緒に振り返りをしました。園長先生からいろいろとご指導を受けることができ、次回の実習にむけて、課題を整理することができました。